Halloween

ハロウィン、DOでしたか?

ここ数年で急激に盛り上がりを見せていますね?

皆様におかれましても過度なゾンビメイクを施した挙句、近隣住民に通報などされませぬようご注意下さいませ。

 

そんなわけで美容師はメイクアップを得意とする職業の為、

ハロウィンの時期になると必然的に本気を出します。

 

 

 

2年前の僕
今年の僕

なんということでしょう。

こーいうのが似合ってしまう自分が素敵です。

ドクロメイクに至っては、元々がやつれ顏だったので簡単にペイントできるチートっぷり。

たぶん餓死したらこんな感じなんだろうな。頑張って太ろうっと。

そんな僕にも今年から仲間が増えましたよ。

 

 

 

ドクロ ブラザーズ

クオリティに一切妥を許さない NEMA-D をご覧ください。

NEMA-D の “D” はドクロの ”D” なんじゃないかと思うほどの仕上がりです。

すれ違う人々は皆、パンツの替えが必要になることでしょう。

 

 

 

ゾンビガール NANA

[es] × [jill] 最年少、NANAちゃん の華々しい?ゾンビデビュー。

最初、寝不足で階段から転げ落ちて大ケガしたのかと心配した僕がアホでした。

 

 

 

 

これだけ堂々とゾンビやってたら、ウォーキングデッドからオファーがくるんじゃないかとハラハラしちゃいますね。

と、こんな感じで営業してました。

営業後はこのまま夜の街に繰り出すこともなく、

マッハでメイクをオフ!解放されます。

その時、僕はわかってしまいました。

そう…世の中の女性の気持ちが。

朝は早起きメイクして、

夜も寝る前にしっかりメイクをオフして、

また翌朝も早起きして…

ああ〜、大変なんだなって。

今まで以上に女性に優しく接する事ができそうです。

そんな気づきが得られたのもハロウィンのおかげ。

 

んで、営業後も残っていた RYU-HEYくん がなにやら便秘中のブルドッグみたいな顏をしていました。

話を聞いてみるとスタイリングの練習をしているが壁にぶつかっている様子。

僕もスタイリングはまだまだ勉強中ですが、少なからず教えられる事もあります。

言葉で説明するよりも、実際に髪を触ったほうが早いのだ!

 

 

 

 

 

復習も兼ねて一緒にスタイリングレッスンしました。

自分の手でカワイイを生み出せること。それは美容師をやってて一番楽しいと思えることだと僕は思います。

その楽しさが伝わればと RYU-HEYくん にレクチャーしたところ、

前日までこうだったのが

 

 

少し上達しました!

ちょっとでも壁を乗り越えて、また視野が広がっていくあの感じが味わえたようです。

よかったよかった。

 

かくいう僕も、昔はゴミみたいなスタイリングしか出来なくて

悔しくてひたすら練習してました。

だからこそ、今の RYU-HEYくん の気持ちがイヤでもわかりますし

なにをどうすべきかをちゃんと教えられるようになった気がします。

何を言いたかったのか忘れましたが、

「やっぱりやり続けている人には敵わないよなぁ…」

と、そんな結論に至りました。

 

ハロウィンだーっ‼︎つって飲んで騒ぐのも楽しいだろうけど、

こうして地道にこつこつ練習して力をつけるのも楽しいもんです。

一緒に高め合える仲間がいる事に感謝!

そんなハロウィンの夜でした。

特にオチなし。

コメントを残す