おとなの遠足 part.2

前回のつづきです。

高速船に揺られる事15分。久高島に無事着地しました。

 

 

別名「神の島」
琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話聖地の島である。

まずは島をぐるっと回ってみようということで自転車をレンタル。
信号機が一切ない小さな島なので、自転車のほうが動きやすいのです。
心配していた天気もなんとか持ちこたえていて一安心したところで出発!

 

 

観光モード丸出しの我々は完全に浮いてますね?
近隣住民にご迷惑にならないように徘徊します。

 

自転車に乗るのも何年ぶりだろう?
なんだか楽しくなってきました。ペダルを漕ぐ足に力が入ります。

たまたまこの日は島の行事?何か儀式的なイベントがあったようで、島の一部が通行止めになっていました。
とりあえず進めるところはどんどん進みます。

 

こーいう雰囲気、大好物です。
木のトンネル!ものすごくテンション上がります。

とりあえず勘で進むと集落に辿り着きました。
人の気配もなく、とても静まり返っていて不思議な感じです。

 

 

拝所でしょうか?そう見受けられる建物がいくつもあったのが印象的。
遥か昔から祭祀を行っている神聖な島なので、ごく自然に生活の一部となっているのでしょうね。
なんだか写真に撮ってはいけないような気がしたのでノーピクチャーです。

道中、素敵なベンチがあったのでちょっとひと休み。

 

しあわせベンチ

ネーミングもさる事ながら、座り心地も抜群です。
そういえば木でできたベンチなんて最近見なくなりましたよね?
自然のぬくもりといいますか、なんだかノスタルジックな気持ちになりました。
そんなしあわせベンチがかつて無いほどお似合いだったのがこの方。

 

EGUCHIさん のこのベストマッチ感は異常。
ミスターしあわせ!
ここ久高島には他にも変わったベンチがありました。

 

 

長生きベンチ

もう何でもありです。
しかもこの長生きベンチ、激しく老朽化しており腰掛けた瞬間にバラバラに空中分解しそうな上に目の前が崖というおまけ付き。長生きしそうな感じが一切無いのがまた素敵。

とりあえず座る→バラバラになる→バランスを崩して崖から転落→THE END
の図式が脳裏に浮かんだので僕は座るのをやめた。

 

立派なフクギ並木を通り過ぎ、しばらく道なりに進むと海に出ました。

 

 

 

天気はいいとはいえませんが、それでもこんなに海が綺麗!素晴らしい。
波の音しか聞こえないほど静かで心が落ち着きます。
晴れていたらもっと気持ちいい場所なんだろうなー、なんてちょっと残念。
充電完了したところで腹ごしらえ。
久高島は意外とお食事をするところがあってビックリします。

 

 

みんなで楽しくご飯を食べて、船の時間まで昼寝。贅沢な時間を過ごしました。
さあ、帰るまでが遠足です。
安座間港から那覇まで車で帰路につく。さっきまでの光景がウソみたいに本島は文明で溢れかえっています。
便利な世の中になりましたが、何も無い久高島の生活もなんだか悪くない。そう感じた1日でした。

次はどこに行こうかな?
オススメスポットがありましたら是非ご一報ください!

コメントを残す