あっと言う間に

10月ですね。

アシスタントの KO-WA です。

とある日、[es]の玄関にて

メジロが一息入れていました。

かわいいなぁとか思いながら盗撮すること約5分。

こちらの気配に気づいたメジロさん。

瞬間、大空へ羽ばたいてゆきました。

バードウォッチ終了。

そんな夏の終わりをひしひしと感じる今日この頃、

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

ある日の営業後、RYU-HEYくん がすり寄って来て「シャンプー見てもらっていいですか?」

とお願いしてきたので洗ってもらいました。

とっくにシャンプーは合格している RYU-HEYくん ですが、

技術に「慣れ」が出始める頃に再度こうしてチェックをしてもらう。

素晴らしい心掛けだと思います。

もちろん妥協せず、改善すべき点を厳しく伝えるのも

RYU-HEYくん に対する思いやりだったりしますが、

僕の場合はあまり威厳がないのでしょう。

いつも「ふふふっ」てな感じに持ってかれてしまいます。

まあ、楽しく学ぶ事が僕の美容に対するモットーなので結果オーライ!

僕は RYU-HEYくん という後輩ができたことによって

技術的な指導を始め、接客の際の心遣いや言葉遣いなどといった

普段当たり前に行っている事の見直しができていると感じています。

アシスタントとしてある程度仕事ができるようになると先輩に注意される事がなくなってくるわけで、

そういう観点からみると客観的に自分自身を見つめ直せる機会というものは少なくなってきます。

仕事に慣れが生じてくると気持ちに余裕が出てきて初心を忘れがちになりますが(人それぞれ。僕はなりがち)

初心を忘れない為にも自分自身の行動の見直しの必要性を感じるのです。

また、人に物事を教える難しさを痛感。

僕のように出来の悪いアシスタントだと、先輩方はさぞ苦労したんだろうなと。今更ながら感謝です。

最近はそんな先輩からも「ホント急成長したよね」

褒め言葉までいただけるようになりました。

それもまた RYU-HEYくん のおかげだったりするわけで。

持ちつ持たれつな上下関係、これからも大事にしていきたい所存です。

コメントを残す