金曜 牛の日

週末の銀行ATMはどうしてあんなに混んでるんでしょうか?

いや、いいんですよ。そりゃ皆さんと一緒に並びますよ。

待つのはそれほど嫌いじゃありません。

しかし、僕の前にいるオバちゃんはかれこれ5分以上どいてくれません。

僕が知らないだけでyoutubeとか観れるんですかアレ?

そんなわけで日々の中で様々な行列に並んでは忍耐力を養っている僕です。

 

話は変わりますが「スーパーフライデー」をご存知でしょうか?

ソフトバンクが展開している太っ腹なサービスのアレです。

 

 

 

 

今月のサービスは吉野家の牛丼(並)がタダで食べられるとのこと。

なんということでしょう。

ソフトバンクユーザーのみが許された贅沢。

これは乗っかるしかありません!

 

そもそも牛丼如きで…なんて思う方もいることでしょう。

そりゃ吉野家の牛丼はいつだって食べられます。

しかし、そこが重要ではないのです。

重要なのは「特別感」を味わうことにあるのです!

営業後、同じくソフトバンクユーザーである NEMA-D と共に近所の吉野家へと向かう。

ドライブスルーではあり得ない光景が…

 

 

 

 

ここ、吉野家ですよね?

まさかの行列です。

そうです、皆「特別感」を味わうために並んでいるに違いないのです。(多分)

我々のテンションは煙の如く上昇していきます。

そして入店。そこには人、ヒト、HITO!!

もはや僕の知っている吉野家ではありません。

なんとか着席するも、そこはごった返した店内。落ち着く暇もなく水をがぶ飲みして店員を待ちます。

 

 

 

 

全員ではないはずだろうけど、こんなにもソフトバンクユーザーが牛丼目当てで吉野家に来ているのかと思うと何だか不思議。

さすがに牛丼だけでは悪い気がしたので玉子とおみそ汁も注文する。

 

 

 

 

意外とすぐに運ばれてきました。

何故だかいつもと同じ牛丼に見えません。

「特別感」というオーラをまとった牛丼の在るべき姿と言えるでしょう。(←意味不明)

 

 

 

 

我々のやるべき事はただ一つ。玉子をぶっかけてひたすら口の中にかき込むッ!

美容師の食事はあっという間だ。ものの数分で牛丼はこの世から消滅しました。

さて、本番はここからだ。

我々は “タダで牛丼を食べることができた” という特別感を味わうが為にここにいるのだ。

スマホでクーポンを発行して、いざお会計。

 

 

 

 

お、オオォ!ホントにタダになった…!!

計120円。その辺の自販機でコーヒー買うのと一緒だ。

お得感しか感じられません。逆に悪い気がしてしまいます。

 

そもそも、こーいう「タダ」の仕組みってどうなってるんでしょうか?

普通に考えたら吉野家的には赤字ですもんね?

何かものすごい偉い人が「じゃあ今週金曜日の分は私のオゴリで」なんて言いながらアタッシュケースから札束を取り出してニコニコ現金払いしてるイメージしか僕にはできません。

もっと社会のお勉強しなくちゃいけませんね。

 

そんなわけで久しぶりのブログ更新になりましたが、
今後はなるべく皆様のお役に立てるような内容にしていきたい所存です。

 

よろしくどうぞ!

コメントを残す